こんばんは。hrakです。

日記が当番制になり、色んな人が書くようになりましたので、これまで以上に今後は書き手の個性を出したいなと思っています。

とはいっても自転車ネタとかジョーク記事は自己満だし、真悟の牛乳ネタみたいに誰でも役立つような身の回りに関する知識が僕にはありません。

そんなこんなであれこれ考えた結果、せっかくこのサイトを作ったので、これを使って「rBブログの書き手」に対して興味深い事がわかればいいなぁ~を思い、この記事を書き始めた次第です。

 

■ こんな事をした背景と目的

 

目的は至ってシンプルです。

冒頭で述べた、「rBブログを書く人の為に役立つ情報を提供する事」が『richBridgeの真実』の目的です。

 

自分にしかわからないような価値ある内容を誰にでもわかりやすい言葉に置き換えてそれがとっても有用な記事となれば素晴らしい事ですが、現実はそんなに簡単なものではなく、寧ろ当番が回ってきたけど書くことがない!といった事の方が多いと思います。

本当は書きたいことを書くことがベストですが、フィードバック(コメントの多さ、イイネ!の数etc…)の有無でそのモチベーションは乱高下するものです。そんな時、「どんな記事を書けば面白くなるのか?」そんな事がはっきりとわかれば幸せとは思いませんか。

その答えはググればたくさん出てきます。例えば「人気ブロガー 特徴」でググってみるとトップに出てくるのはこちらです。

影響力のあるブログの3つの特徴

アクセス数の多いブロガー(ブログを書く人)は記事を書く際に

  1. 「読みやすさに気を配り」
  2. 「読み手への共感を糧とし」
  3. 「定期的な更新を心がける」

など、読み手を強く意識し記事更新を行う傾向がある

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/04/3_82.html

こういった感じで、いろんな人がアレコレ提案しています。

かくいう自分もFacebookのrichBridgeグループ上でアクセスアップの為にすべき事を書いたことがあります。でも、そのどれもが「こうすればいいんじゃないかな?」といった様な、抽象的な表現に留まっています。ブログ歴が長い人であれば、これはこれで十分ですが、そうでは無い人にとってはわかりにくい事ばかりです。

 

そこでもし、

「◯◯と▼▼について文字数△△以内で書けば人気記事マチガイナシ!」

と、超具体的でお節介な書き方ガイドラインがあればどんな人でも良い記事が書けると思いませんか?

これが本記事の具体的なゴールです。

 

 

 

 

題して『richBridgeの真実』シリーズ

そのゴールに辿り着くためには、なるべく個人的な価値観を排除する必要があります。

なのでこのコーナーでは全て数値的なデータのみを用いて進めていきます。

 

richBridgeをサイトから眺める為の準備として、第1部「データからみるrichBridge編」を。

そしてブログの記事から「良い記事とはなんぞや」を定量的に導出する、本企画のゴールである第2部「究極のrichBridge日記の作り方編をお届けします。

 

進め方として、以下のTEDを参考にさせてもらいました。

 

予告編は以上です。

« »